本文へスキップ

http://www.chibasheetmetal.gr.jp/

会長のご挨拶


90年代初めまでの板金加工業界は、内需拡大、設備投資の両面から飛躍的躍進を遂げてきたが、
ここに来て日本経済のデフレ傾向で製品の価格破壊が著しい。
世界の製造業拠点といわれている中国を中心とするアジアの台頭で、製造のコストダウン攻勢に
より国内製造業の廃業や企業淘汰が著しく、また、少子高齢化が一層加速しており、従来の経営
や製造方法についての見直しが不可欠と思われます。
21世紀の製造業では、IT化の波に押され情報化による経営。一方製造においてはCADCAMによる
製造工程への直結など、リードタイムの短縮が要求されております。
このように、モノづくりの海外生産比率が増えていく中で、日本国内のモノづくりも数年非常に
厳しい環境です。特にジャストインタイム・少ロット生産の拡大や新規品比率の拡大など、モノ
づくりの潮流が大きく変化しています。
バブル崩壊後の千葉県内板金加工業界は、依然として厳しい状況下にあり、ますます深刻化する
少子化による若年者の減少、高齢化社会、情報化社会への加速、ソフトを含む技術の革新など、
複雑・多様な対応を迫られ課題が山積しつづける企業、その中で私共、板金加工業界は、これまで
千葉県下を統一する組織もなく、千葉県の同業他社の動向はもとより、全国の板金加工業界の動き、
技術レベル、人材育成、3K環境改善、将来志向などについても情報入手が困難でした。
私共、板金加工企業各社の経営の舵取りは更に難しく、重大な局面が日一日と迫りつつあるといえます。
このような状況をいかに打破して、次代の発展をめざしてどのように活路を開いていったらよいのか。
私共の共通のテーマがここにあります。
各企業が独自の施策、特徴を持って進まれることは勿論大切なことです。
しかし、それに加えて、これまで私共に欠けていた部分、つまり業界の横の繋がりを持つ事、そして
その繋がりの中から必要な情報や知識を得る事など、ますます重要になって来ることでしょう。

こうした観点に立って私共は「千葉県一帯の板金加工業界を統一する組織を作り、技術情報、
経営情報の交流、加工技術研究、経営研究、技能教育、人材育成などを積極的に推進して、
新たな時代を迎えるにふさわしい体制を整えて行こう」という趣旨で、皆様と意を同じくすることが出来ました。
従来の各社個々の企業活動に加えて、工業会という組織の設立こそが、板金業界発展の大きな力になると
確信する次第であります。 
関係各位におかれましては、何卒、この趣旨をご理解戴きまして、ご賛同賜ります様お願い申し上げます。



平成 17年 4月 吉日


バナースペース

千葉県シートメタル工業会 事務局

〒260-0041
千葉県千葉市中央区東千葉3-15-32
潟Aマダ 京葉営業所内

TEL 043-207-5255
FAX 043-207-5258